アーユルヴェーダ的な夏の生活

こんにちは

今日も暑いですね。

この暑い季節には、アーユルヴェーダでは「ピッタ」という火・変化の働きが蓄積されすぎて、バランスを崩し、様々なトラブル(特に炎症系のトラブル)を生み出すと言います。

ピッタの蓄積を防ぐ、アーユルヴェーダ的な夏の過ごし方ご紹介します。

◉ 美しいこと、涼しいことはピッタにとっていい薬になります。
 * 森林浴
 * 打ち水
 * 夜風や夜の星空を楽しむ
 * 美しい庭や花を楽しむ
◉ヘナパックや足湯でクールダウンする。
◉酸味・塩味・辛味の食事は控えめに
◉ブドウ・もも・いちじくなどのフルーツを適量食べる
◉激しい運動はしない(但し1日中エアコンの部屋で生活している場合は汗をかく工夫が必要です)
等です

アーユルヴェーダでは一年を通して健康な成人には、体の滞りを生むお昼寝を進めません。ですが、この夏の時期だけは疲れやすいため、疲れ気味な人はお昼寝をすることを進めます。

一年の中で一番体力がないことを理解して、しっかり休息しながら生活できたらいいですね

Yuka 🙂

今心や体に不調を抱えている方
一歩先に進みたいという方

・アーユルヴェーダのセルフケアなどのご相談
・簡単な自分を知るためのインド占星術

こちらを無料で受け付けています。

アーユルヴェーダでは、現在の不調や体質にあったセルフケアや生活ご紹介。
インド占星術では体質や考え方の傾向、趣味の傾向、才能を知る事ができます。

興味のある方は、メールまたはLINE@の1:1talkからお問い合わせください。

yuka 🙂

ap.cocosapo@gmail.com

友だち追加