NO IMAGE

ちょっとしたスパイスで心を活性化。鈍化する五感と心の停滞。

いつも使う感覚ばかりを頼りにしていると、気づかないうちにある部分は鈍化していきます。 特に、心配や不安から一定のことに集中してしまうと、この良い意味での感覚をフルに使えなくなってしまうような気がします。なので、そんな時は感覚は過敏なはずなのに、なぜか心は不活性の状態。 今の瞬間に受け取れるものがあるなら、

NO IMAGE

日々を大切に、五感を呼び覚ます生活。

最近はじめて、良かったと思うのが、拭き掃除。 拭き掃除は、五感では感触や目を使い、場が綺麗になっていく行程はとても気持ちがいいです。それだけではなく、自分もクリーンになる感覚があり、気持ちもスッキリしました。食器洗いなども、同じで五感に集中(マインドフルネス)でき、気持ちにも影響するとして、海外でも勧められています。

NO IMAGE

春の睡眠トラブルに。お勧めセルフケアの3つのPoint。

全てを支配するものを意味するアディパティ・マルマと言ってツボのような場所。 頭のてっぺんと左右の耳を繋いだ線の延長上に交わる部分です。 オイルを垂らし(甘草オイルがオススメ・オイルなしでもいい)しっかり円を描くようにマッサージします。 強く圧力をかけた方がいい。また、温めたオイルをコットンにしたしたものを乗せるのも

NO IMAGE

体だけではなく、ココロも癒される場所

「東京にこんなところがあるなんてスゴい!」‘cocosapoあーぷ’でのトリートメントはー施術の技術、サービス、スペース、そして施術前から緩んでしまうトルマリンとアメジストを散りばめた施術台—全てにおいて完璧で、驚きました!特にシンクロアビヤンガの息はピッタリと合っており、まるで一体という感じで違和感がまったく無く

NO IMAGE

3月「シンクロアヴィヤンガ」募集。アーユルヴェーダのオイルケアで体も心もリセット。

ハーバルオイルで身体をデトックス アーユルヴェーダでは春はデトックスの季節。 冬の間にため込んだものを体の外にだしてあげる季節です。 たっぷりのハーバルオイルを身体の中に浸透させ、 スチームバスで発汗することで、 冬の間にため込んだものが身体の外に排出するのを助けます。

NO IMAGE

セルフケアに使用するオイルは?心を元気にするアーユルヴェーダを日常に。

セサミオイルは熱を加えると(120〜180℃)ゴマグリナンという抗酸化物質が大量に発生します。 熱を加えるとオイルは酸化するイメージがある方も多いと思いますが、セサミオイルは安定し抗酸化の働きがあるため、セルフケアに適しているのです。また、この処理をすることで6ヶ月は使用できると言われています。