ライフスタイル一覧

梅雨のじめじめ。お香を焚いて快適に

お香を焚くことは殺菌や浄化の働きがあり、また多少湿度とってくれるのではないか、と言われています。 パワーストーンやお部屋の浄化にセージを焚いたり、 お風呂のカビ予防にお線香をたく など色々活用されていますよね。 アーユルヴェーダの理論においても、梅雨の重性、油性の環境に対して、反対の軽性、乾性の性質であるお香は

梅雨の季節の不調「むくみ」解消するには?

一般的にむくみは、 ◉梅雨のような湿度の高い季節は、汗が出にくく、水分も多く入ってくる。 ◉暑い季節からの移り変わりで体が対応できない(汗をずっと書いていたのに急に寒くなる。) ◉運動不足、筋肉不足から ◉塩分や酸味の取りすぎ ◉汗をかかない ◉腎臓が疲れている このような事が原因と言われています。

NO IMAGE

「睡眠の質が悪い時」私が最近やってること。

<睡眠のために私がやってること> ・朝できるだけ同じ時間に起きる。 ・起きた時にブライトライトか朝日を見る ・17時ごろにブライトライトを見る ・夜、頭や耳のマッサージをする (マッサージオイルがあるとなお良い。オイルは神経系を落ち着かせてくれます) ・マッサージの時にリラックスするアロマを嗅ぐ ・寝る前にグリシンを飲む

NO IMAGE

月に一度のオイルトリートメントの日

アーユルヴェーダのオイルトリートメントは、やはりタッチングからの癒し効果があります。 そして、他のトリートメントと違うのがオイルをたっぷり使う事です。   オイルの働きは ・神経系を滋養してくれ、働きを穏やかにしてくれる。 ・抗酸化の働きから、デトックス、代謝を高める効果がある。