まず朝にする事。口の中を綺麗にすると気分もいい。

こんにちは

私が朝起きてまずはじめにする事。

「タングスレーパー」という舌の清掃をします。

昔は、起きたらまずお水を飲んでいたのですが、舌の汚れの話を聴いてから、まずタングスレーパーと歯磨きをしています

朝起きてすぐの舌を鏡で見た事ありますか?

食べ過ぎていたり、消化力が落ちていると真っ白(舌苔)になっているんですよ。

舌の上のものは寝ている間に出る老廃物です。

口の中の汚れは70%の汚れが舌に付着していて、歯磨きだけでは十分でないそうです。

なので、しっかり綺麗にしてから飲んだり食べたりしないと、汚れを食べてしまうことになります。

それだけでなく、舌を綺麗にしてあげることで私が感じてること。

1つは味覚がしっかりするということ。
味覚がしっかりすると、食事が楽しくなる、味付けを控えられる、満足感がある。などの良いことがあります。

2つ目は、口臭予防にもなりとてもスッキリするので、気持ちにも良い影響あります。
朝の始まりに、気分を変えられると、行動しやすくなります。

タングスレーパーはアーユルヴェーダの生活法です。

私が利用しているものは銅製の↓のようなもの

ネットなどでも販売されています。

買うのはちょっと。。。という場合はカレースプーンも結構代用になります。

薬局などで売られているシリコン製などのブラシ状のものは、きれいに老廃物を取るのは難しいように思います。

タングスレーパーは左右をもってカーブの部分を舌にあて、こそぎ落とします。
力を入れすぎると舌を傷つけてしまうので、気をつけたほうがいいです。

とても取り入れやすいアーユルヴェーダの生活法です。

yuka 🙂