不調な時にできることがあるって安心。「元気のためのオイルケア」

こんにちは

アーユルヴェーダでは、頭、耳、足の3点は毎日オイルマッサージするようにと言います。
調子が悪い時は、私も出来るだけ毎日行うようにしています。

体や心の不調を感じる時に、自分にできることが何かあるってとても安心だなーって思います。

なので、今日は私がやっている3点マッサージについて、ちょっとご紹介します。

まず、なぜこの3点のマッサージがいいと言われているかというと。

◉体全体の循環を良くして、体の機能を整え、心にも良い働きがあります。

・頭は脳の血流を高めて働きを整えます。
自律神経を整える働きもあります。

・耳は気の滞りを取り、五感を整えます。
睡眠トラブルや不安や焦燥感によく働くと言います。

・足は循環や排泄によく、免疫を高めて、心を安定させます。

そして、体の末端まで意識して触ってあげる。
意識を向けて刺激をしてあげる事で、体の働きも変わってきます。

私が最近夜行っているのは

・耳と足にはガルシャナ(絹の手袋の乾燥マッサージ)を行う
・オイルマッサージ
・ヘッドマッサージ(頭頂を特にしっかりマッサージする)
・耳(耳の前後も神経が集まっているのでマッサージします)
・足(足の裏、指、指の間、甲の骨の間、くるぶし)
・脛とふくらはぎ

そのあと、シャワーやお風呂であったまります。

オイルはたっぷり使用が本当はいいのです。
ですが、自宅でのケアはお風呂場も汚れて掃除も大変ですよね。
なので、基本的には体に浸透してしまう程度の量に私はしています。
不調の時はたっぷりもいいかもですが。

使用オイルはアタルバオイルのセサミオイルとヘッドマッサージ用オイルです。
ヘッドマッサージ用オイルは、特にラベンダー入りが好きです。

yuka 🙂

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする