アーユルヴェーダ・インド占星術 発達障害グレーゾーン・HSP

あーぷ「心を楽に。生活を楽しく」

セルフケア

タングスレーパー(舌清掃)

こんにちは

 

私が毎日やっている生活習慣の中に、タングスレーパー(舌清掃)があります。
アーユルヴェーダの勉強を始めてすぐ知って、ずっと続けているものの1つです。
アーユルヴェーダのケアはオイルを利用したり少し面倒なものが多いです。
なので、覚えてもなかなか実行できなかったり、続けられなかったりするようですが
このタングスレーパー(舌清掃)は続ける人が多いんです。

それはなぜかというと
・簡単で効果を感じる
・一度やり始めるとやらないと気持ちが悪い
ということがあります。

 

舌の上には口の中の汚れの70%が付着していると言われます。
朝起きてすぐ、鏡で舌を見てみると真っ白になっていることがあります。
老廃物なのですが、それらをタングスレーパーでしっかり取り去ることで、虫歯・歯周病・口臭予防になります。

 

実際にどのようにやったらいいかというと、寝ている間に老廃物が舌の上に出てくるので、まず朝起きてすぐに、飲んだり食べたりせずに歯磨きをします

それからタングスレーパー(舌清掃)を行います

私が利用しているものは銅製の
↓のようなもの

薬局などで売られているシリコン製などのブラシ状のものは、きれいに老廃物を取るのは難しいです。
最初のうちはカレースプーンなどで代用してもいいのですが、タングスレーパを用意できるとスムーズにしっかり取り除くことができます。

 

タングスレーパーは全然難しいこともなく、左右をもってカーブの部分を舌にあてこそぎ落とします。
舌の左右の辺も忘れずに行います。
ただ力を入れすぎると舌を傷つけてしまうので、気をつけたほうがいいですよ。

 

口腔内は食事や飲み物などを運ぶ場所なので、汚れやすくまたその汚れも体に取り込まれやすいです。十分ケアをすることは健康のためにも大切なようです。

また口のなかをすっきりと爽やかな状態を保つことは、心も気持ちよくなります。味覚がしっかりする事で、美味しく食べる事や食べ過ぎ予防になります。

yuka 🙂

-セルフケア

Copyright© あーぷ「心を楽に。生活を楽しく」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.