食欲の乱れや滞りを感じる。「ガルシャナ」で代謝あげる。

こんにちは

アーユルヴェーダでは春はカパが乱れやすいと言います。
体の滞りからの倦怠感、鈍重感。やる気が出ない。鼻詰まり。アレルギー。皮膚トラブルなど。

私も食欲の乱れや、体の滞りを若干感じていて、こういうときはしっかり代謝を高めてあげないと調子が悪くなってしまいます。代謝が上がると滞りが取り除かれて、栄養が全身に回り、体の働きが良くなるし、もちろん脳への影響もあるので、心にも良いことになります。

代謝を上げるには、食事や呼吸、運動など色々ありますが、「ガルシャナ」という絹の手袋での乾燥マッサージとてもいいです。絹の手袋を使い乾布摩擦のように体を擦っていくだけなので、すごく簡単にできます。
アーユルヴェーダのセルフケアは面倒なものも多いのですが、すごく取り組みやすいです。

ガルシャナの効能は
・免疫力アップ
・冷え性予防
・メンタルの活性化
(血流が良くなることで脳の働きが上がる、触ることでのオキシトシン分泌など)
・良質の睡眠を促す
・呼吸を楽にする
(プラーナのスロータスの滞りを取ること・自律神経が整う)
・胃腸の働きを整える
・美白、美肌
・心身共の浄化
・痩身、部分痩せ

また、考えすぎてしまうという時もガルシャナをすると
・意識が行動に向く(特に皮膚への刺激は良い感じです)
・血流が良くなって安定してくる
こんなことがあるので、気分が落ち込む時も助かります。

yuka 🙂