目の疲れから頭痛やイライラ。アーユルヴェーダの目薬「カトラミデ」

こんにちは

 

最近目の疲れがひどく、PC作業をしていると疲れやすくて、頭が痛くなったり、少しイライラしたりしていました。
なので、病院に行こうかとも思ったのですが、昔アーユルヴェーダの目薬をつけた時にすごく効果があったの思い出し、インドの商品を扱っているサイトから先日購入しました。

 

今すぐ必要だけど一ヶ月ぐらいかかることもあると書いてあったので、気長に待とうと思っていたら一週間ほどで届きました。
インドからなので、中身液漏れやら大丈夫かな?と思ったのですが、綺麗に梱包されて、ハーブティーや飴のおまけ付き。

アシュワガンダ、ナスヤ用アヌタイラ(点鼻オイル)、目薬とサービスのお茶と飴。
トゥルーシーのマサラティーが入っていて、飲んだら美味しかったから今度買おうかな。

届いた瞬間、すぐに開封して早速目薬しました。

http://saffronroad.net/ayur_eye/eyedrop.html

アーユルヴェーダ・ドクターも推薦する、アーユルヴェーダの目薬『カトラミデ』

アーユルヴェーダの目薬より…… アーユルヴェーダでは、カトラミデは白内障やその予防、眼球内の白い部分の汚れや毒素などを取り除くために使われている目薬です。アムラ、ニーム、プナルナバ(ナハカノコソウ)などの収斂(しゅうれん)剤ハーブが、ロータス・ハニー(蓮の蜜)という蓮のネクターのなかに溶け込んでいます。ゴアのアーユルヴェーダ・ドクターが、もっとも高く評価している目薬で、目薬をさしたあと、4-5分間はかなりシャープにしみて痛いですが、そのあと目の中まで浄化されたような、すっきりしたかんじがします。「蓮の花のつけ根のところに、ロータス・ハニーとよばれる、はちみつ色の花蜜(ネクター)があります。この蜜には、ラジャ・ピッタをクーリングする作用があって、それが目の使いすぎや異常などで調和をみだした眼球を癒してくれるのです。」まじゅさん、イチ・ニ・サンおし。冷暗所で保存可能1年、開封したら1ヶ月くらいで使い切るように、と説明書に書いてあります。

 

やっぱり、激しみでした。。。
両目は怖いので、ゆっくり片目ずつ点眼。
強烈にしみたので、鏡に見に行ったら白目とまぶたの裏が真っ赤に。
ですが、しばらくするとスッキリしてきて、視界がクリアになりました。
現在はとても快調な感じです。
目が疲れていなければ、そんなにしみない場合もあるみたいなので、気になる方は試して見てください。

 

yuka 🙂

コメントを残す