頭が疲れやすい。「ギーGhee」良質のオイルをとろう。

こんにちは

感受性が高いと感動や嬉しいを人一倍感じることができる良い面も沢山あります。
ですが、たくさんの情報を受け取ってしまって、頭や体が疲れてしまうことありますよね。

自分のそういった性質をデメリットとしてでなく、メリットとして活かせるようになりたいと、体から色々なアプローチに取り組んでいます。

・オイルのヘッドマッサージや耳のマッサージなどのセルフケア
・生活リズム(良い睡眠のため)
・運動や体癖づくり
・糖質控えめの食事(タンパク質多め)
・・・etc

ただ最近、頭の働きのサポートにとっても有益なものを忘れていて
なにかというと、「ギー」のオイルを作ること。そして、もちろん食べる事。


「ギー」とはアーユルヴェーダでは最高のオイルと言われていて、バターからタンパク質を取り除いた純オイルのことを言います。

脳は60%が脂質でできているそうで、良質のオイルを取ることは、栄養を与えて働きを整え、柔らかく若々しい状態に保つことにもなるそうです。脳の働きに良いだけではなく、一緒に食べた食材の消化を助けてくれます。また、焼き料理の時に使用すると、煙点が高いため焦げ付きを抑えてくれるというメリットもあります。

<脳に対するギーの効能は?>
・消化力を上げる(消化・代謝が上がるので滞りを取り脳の活動も促す)
・記憶力や判断力が上がる(脳働きが活性化、脳神経を滋養)
・精神が安定する(脳を滋養するという事)
・ヒートアップした頭を鎮静
・ストレス緩和(神経伝達の潤滑)

<その他にも>
・滋養することで活力(オージャス)を増やす
・抗菌と治癒促進効果があるので傷の治りが早くなる(にきびや炎症を伴った皮膚にも塗ることが可能)
・消炎・鎮痛作用があるので胃腸の炎症に効果がある

バターは買ってきてあるので、今日はギーを作って食べよう。

yuka 🙂

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする