敏感な私が自分と向き合う時間にセルフケア(オイルケアとガルシャナ)

こんにちは

 

私には自分の部屋というものはないので、大抵ダイニングテーブルの一角で作業をしたり、セルフケアをしたりしています。
ですが、只今母が家族の都合で渡米中。
その為、母の愛犬の面倒のために、今週から母の部屋で寝ています。
慣れない場所で寝るのは寝心地が悪かったのですが、昨日あたりからだいぶ慣れました。

 

そして、昨日は久しぶりに一人の空間でのセルフケアをじっくりやりました。

・手や足をガルシャナ(絹の手袋の感想マッサージ)後、オイル塗布
・ヘッドマッサージ(特に頭頂、おでこ、耳を念入りに)
・軽いストレッチ
・体に意識を向けて、静かにする
こんな感じでやってみました。

 

私は敏感な方なので、緊張しやすい、頭など硬直しやすい、考えすぎるなどの問題を抱えやすいのですが、セルフケアをしていつも感じるのは、
・体が喜んでいる感覚
・どこのケアをして欲しいかなど分かること
そんな所が、自分の良いところでもあると思います。
自分の体と向き合っている時嬉しいと思うのは、そういう敏感な面があるからと思います。

 

忘れっぽいので、「セルフケア良いよー」とお伝えしながらも、自分自身が自分を粗悪に扱ってしまうこともあるのですが(反省)気持ちよく、楽しく生活するには、まず自分自身が元気って大事ですよね。

 

これからは、もっとそんな時間を増やせると良いなと思います。

 

yuka 🙂

コメントを残す