アーユルヴェーダ・インド占星術 発達障害グレーゾーン・HSP

あーぷ「心を楽に。生活を楽しく」

食事 ハーブ・スパイス

その不調は「アーマ」が溜まっているから?クミンで消化・代謝up

こんにちは

 

「消化力」や「代謝力」落ちてしまった時に、消化に重い食事を食べたり、食べ過ぎ、食後すぐの昼寝などをしていると「アーマ」という未消化物が作られてしまうとアーユルヴェーダでは言います。

 

・やる気がでない
・疲れやすい
・鈍重感や倦怠感が取れない
・味覚がおかしい
・メンタルが安定しない
・滞りがある(便・尿・汗等)

こんなトラブルないですか?

 

上記が「アーマ」が溜まっているよのサインになります。
そして「アーマ」が蓄積されると病気が発症すると言われています。

 

アーマを作らないためには、食べたものがしっかり消化されること。
「消化力」「代謝力」が大事。

 

・消化力・代謝力を上げてくれる
・作られてしまったアーマを燃焼してくれる

 

スパイスの’クミン’はこんなはたらきがあります。

<効能>
消化促進・増進
体の構成要素の質を上げる
アーマを燃焼
眼に良い
味覚をよくする
吐き気を和らげる
腹部膨満感
子宮を浄化する
授乳中の場合母乳の質がよくなる

 

<活用法>
お料理のスパイスとして利用できますが、簡単に活用したい場合はクミン茶がおすすめです
クミン茶
・クミンを香ばしい香りがするまで乾煎りする(お好みで)
・普通にお茶を入れる要領でポットにクミンと熱湯を注ぐ
・お好みの濃さでお飲みください
※冷ましたクミン茶で湿疹を洗浄することができます

 

 

<クミンの新たな効能>
最近の大学の研究で「抗糖化」の働きがあることがわかり、アンチエイジングやダイエットにもいいのではないかと言われています。
糖化とは、糖を必要以上にとりすぎた時に糖とタンパク質と結合し、熱が加ることで AGEという物質を作り出し、これが様々な病気や老化の原因になっていると言われています。

 

研究の結果では
・余分な糖の吸収を抑える
・糖とタンパクの間に入り結合を抑える(AGEが作られにくい)
・作られてしまったAGEを減らす
これらの効果があるのではないかと言われています。

 

抗糖化作用を期待できる1日の摂取量は、クミンシード小さじ一杯以上を毎日撮り続けることが重要なようです。

 

yuka 🙂

-食事, ハーブ・スパイス

Copyright© あーぷ「心を楽に。生活を楽しく」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.