アーユルヴェーダ・インド占星術 発達障害グレーゾーン・HSP

あーぷ「心を楽に。生活を楽しく」

ライフスタイル

春に不調になりやすい。それは体の滞りからかも?

こんにちは。

 

春は気候も心地よく、青空や桜など景色も綺麗なので、色々なところに出かけたくなりますよね。

<a

ですが、
・なんだか調子がすぐれない
・やる気が出ない
・体が重い
・意味もなく憂鬱
・むくみやかゆみが気になる
・花粉症や鼻づまり

という人も多いようです。

春は気候の寒暖差から自律神経が乱れやすいので、それによる不調ということもありますが、体の滞りからの不調という方も多いように思います。私自身、体質的にこの季節はどちらも乱れやすいので、要注意になります。

 

「体の滞りが原因」の場合気をつけたいのが
・メリハリのある生活
・汗が出る程度の適度の運動
・お白湯をこまめに飲む
・スパイスの活用(クミンやドライジンジャーをお茶として活用おすすめ)
・食べ過ぎない
・食後すぐの散歩や家事
・体を活性化させるセルフケア
・朝起きたら熱いシャワーなどで活性化

 

それと、アーユルヴェーダで滞りを生みやすい味として
「甘味・塩味・酸味」
があげられ、取りすぎないようにと言われています。

 

私も気をつけたいと思っていますが、つい食べ過ぎたり、甘いものを食べてしまったりすると、花粉症がひどくなったり、むくみやかゆみが気になりだしたりします。

 

気持ちの良い季節なので、少し気をつけてあげることで、快適に生活できるといいですよね。

 

yuka 🙂

-ライフスタイル

Copyright© あーぷ「心を楽に。生活を楽しく」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.