春の睡眠トラブルに。お勧めセルフケアの3つのPoint。

こんにちは

3月になりました。

暖かい日はもう春だな〜と嬉しい気分になりますが、まだまだ寒い日もあるので、激しい寒暖差で自律神経が乱れやすくなります。
また、変化の季節でもあるので、いろいろ考えてしまって、どうしても交感神経が優位になって夜しっかり寝れない、起きるのが辛いということありますよね。

そんな、最近睡眠の質悪いな〜と思った時に、私がやっている対策セルフマッサージについてご紹介します。

◉是非というポイントを3つご紹介します。

一つ目は、頭頂。
全てを支配するものを意味するアディパティ・マルマと言ってツボのような場所。
頭のてっぺんと左右の耳を繋いだ線の延長上に交わる部分です。
オイルを垂らし(甘草オイルがオススメ・オイルなしでもいい)しっかり円を描くようにマッサージします。
強く圧力をかけた方がいい。また、温めたオイルをコットンにしたしたものを乗せるのも良いです。
自律神経によく、脳のストレスを取り除いてくれると言われています。

二つ目は、耳。
こちらはアーユルヴェーダではヴァータの座で、ヴァータとは循環や神経系の働きのことです。
気の巡りや自律神経、血流などを整えてくれると言います。こちらもできればオイルを使用。
面倒な場合はなくてもOKです。

三つ目は、足の裏。
足の裏にはクルッチャマルマという視力と体の循環に影響を与えるマルマやタラフリダヤという全身の循環に影響のあるポイントがあります。
足裏全体をしっかり揉みほぐすことで体の巡りを促し、目の疲れが取れることで入眠しやすくしてくれます。
感覚の過敏さに対応しているので、ストレスを軽減してくれるとも言われています。
(因みに、このマルマは手にもあります。)

私も、日々の生活にしっかり取り入れていきたいです。

yuka 🙂