アーユルヴェーダ・インド占星術 発達障害グレーゾーン・HSP

あーぷ「心を楽に。生活を楽しく」

ライフスタイル 知る

春うつっぽい・花粉症が気になる人へ アーユルヴェーダな生活。

こんにちは

少し暖かくなり春もあと少しという感じでワクワクしますが、花粉症などこの季節はしんどいという人も多いですよね。

私はひどい方ではないのですが、最近、鼻づまりや目の痒みが気になって来ました。

アーユルヴェーダでは、春になると冬の間の寒さで体内に蓄積してたカパ(油性・粘性のもの)が温かい日差しに溶け出し悪さをするといわれます。

そのため、鼻水・鼻づまり・花粉症・倦怠感や鬱っぽいなど、様々なトラブルを起こしやすい季節と言われています。

せっかく気候の良い季節なので、できれば気持ちよく生活したいですよね。

今日は、そんなトラブルを少しでも緩和できるように、アーユルヴェーダで生活の中で役に立ちそうなものを少しご紹介させていただきます。

<食事について>

◉甘味・酸味・塩味の取り過ぎに注意

これら3つの味、特に酸味は分泌物を促すため花粉症などの鼻水や鼻づまりが気になる方は注意が必要。

◉苦みや渋みのものをとる

分泌性を減らし、滞りをとる。緑茶や山菜など。

◉腹八分、お腹がすかないうちには食べない

胃の消化力を維持してあげることで、体全体の代謝力も整う。代謝力が落ちなければ滞りを防げる。

◉お白湯をこまめに飲む・スパイス(クミンやドライジンジャー)を取り入れる

特に金時しょうがのドライジンジャーは花粉症の方におすすめです。

この季節はよくドライジンジャーとシナモンを入れてお茶にして飲んでいます。

◉軽い断食

滞りを感じる場合は、速やかに消化できるように体を整える必要があります。そのような方は春に軽い断食を行うことで、体の滞りや未消化物を消化・代謝することができます。

◉春に蜂蜜

蜂蜜をはカパ(粘性・油性)を削り取る働きがあります。鼻水や痰、さらに脂肪も減らすと言われています。注意点として蜂蜜は非加熱のもの、また摂取の際も熱を加えないようにしてください

<生活について>

◉適度な運動
適度な運動は代謝を高めてくれます。体の健康はもちろん、運動は脳の働きにも大きく影響することがわかっています。春にメンタルの調子が悪くなる方は運動を是非取り入れていただきたいです。

有酸素運動を週3回30分ほど。

◉規則正しい生活

決まった時間に起床することで、循環系全般が整い機能が向上します。また、そのような生活をすることで、質の良い睡眠を獲得することもできます(代謝にとても重要です)

◉寝過ぎや昼寝注意

寝過ぎやお昼寝は体を油性にし滞りを生みます。軽快に生活をするためには寝すぎないように。朝体が重く起きづらい方は熱いシャワーで活性化させてあげるといいと思います

・春のアーユルヴェーダ的お手入れ

ガルシャナ(絹の手袋)・ナスヤ(オイルの点鼻)がオススメです

Yuka : )

-ライフスタイル, 知る
-, , , , , , , ,

Copyright© あーぷ「心を楽に。生活を楽しく」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.