アーユルヴェーダ・インド占星術 発達障害グレーゾーン・HSP

あーぷ「心を楽に。生活を楽しく」

セルフケア 知る

慢性疲労や睡眠トラブルは脳の疲れから?ヘッドマッサージ・発達障害グレーゾーン・HSP

こんにちは。

 

感覚が人より過敏で、刺激をたくさん受けてしまうと、脳のエネルギーを使いすぎて、慢性的な疲れや睡眠トラブル、やる気がなくなる、表情が暗くなる。色々なトラブルが出てきます。

私もどちらかというと、過敏で刺激を受けやすい方なのなで、問題を抱えやすいです。

そんな時、頭皮を触るとぱつぱつに張り詰めて、この状態では頭の血流が悪くなってしまいます。
なので、日頃から睡眠に問題を感じたり、考えすぎで疲れたなと思う時、滞りを取るために、ヘッドマッサージをするようにしています。

ヘッドマッサージをすることで、色々良いことがありますが、その中の理由の1つとして「血流が良くなる」ということを今日はご紹介します。

 

・集中力・判断力の低下
・考えに集中しすぎる
・物忘れが多くなる
・慢性的に疲れやすい
・やる気が出ない
・睡眠のトラブル

などのトラブルありませんか?

その場合、脳が疲れているということがあります。

神経伝達物質のバランスや自律神経が乱れることで、様々なトラブルが起こります。

 

脳の働きを助けてあげるには、酸素や栄養が滞りなく運ばれる必要があります。ですが、脳への血液の通り道である首や後頭部が硬直していると、十分に酸素や栄養が運ばれません。頭皮は思っている以上に硬直し鬱血している方も多くいます。

 

ヘットマッサージで頭や耳、首回りをマッサージしてあげる事で、脳への血流を促してあげる事ができます。そうする事で、脳の疲れを癒し、働きを高めて、トラブルを緩和してくれます。

 

yuka 🙂

-セルフケア, 知る
-, , , ,

Copyright© あーぷ「心を楽に。生活を楽しく」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.