「ガルシャナ」で未病。血液の滞りは万病の元。

こんにちは

健康において、まず大事なことは血液が滞らず身体中を巡っている、ということだと思います。
心臓は日に10万回拍動し、平均約4ℓの血液を循環させているといいます。
そして、その血液の働きは、個々の細胞に酸素と栄養を供給し、二酸化炭素と老廃物を回収しています。
血液のおかげで体にある37兆個(60兆個とも言われているけど)の細胞は働くことができます。


全身の細胞にしっかり血液がめぐっていれば健康でいることができます。


血流の滞りから、肩こりや痛みにより体の硬直、冷えなどが起こり、さらには心筋梗塞やガンなど、「血液の滞りは万病の元」と言われています。


アーユルヴェーダでは体に滞りがあるとき、食事を控え、スパイス等で代謝を高めていくのですが、野生の動物も病気や怪我をしたとき、発熱や食欲不振により食べ物を取らず、自然治癒させるそうです。


まず「体に熱を産み、食事を控える」ということは血液の滞り解消に有効です。


そして、アーユルヴェーダのセルフケアのガルシャナ。こちらもオススメです。


体には細胞維持のために様々なスロータス(路)が駆け巡っています。
ガルシャナはそれらすべての滞りを解消し、細胞一つ一つの中にある代謝の力を活性化させ、高めてくれます。
ガルシャナの効果効能をあげるとキリがなくなるのはそのためで、滞りがなく細胞がしっかり働いていてくれれば、みんな健康でいることができるからです。


サロンでもオイルトリートメントの前にさせていただいていますが、ご自宅でセルフケアに取り入れることも可能です。


絹の手袋を使い乾布摩擦のように体を擦っていくだけなので、誰でも簡単に行うことができます。

ガルシャナの効能は
・免疫力アップ
・冷え性予防
・メンタルの活性化(血流が良くなることで脳の働きが上がる、触ることでのオキシトシン分泌など)
・良質の睡眠を促す
・呼吸を楽にする(プラーナのスロータスの滞りを取ること・自律神経が整う)
・胃腸の働きを整える
・美白、美肌
・心身共の浄化
・痩身、部分痩せ


などがあげられます。

健康維持のために生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

yuka 🙂

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする