アーユルヴェーダ・インド占星術 発達障害グレーゾーン・HSP 私らしい生活を考える。

「心を楽に。生活を楽しく。」

セルフケア

冬うつ対策に「ガルシャナ(絹てぶくろ)」で代謝をあげる。

こんにちは

10月も終わりに近ずいて、朝晩すごく寒くなってきました。

お布団から出るのもなかなか難しくなってきますよね。

以前お友達に「冬眠したいなー」と言ったら「似合う!」と言われました。

そうさせて頂けるとありがたいのですが、

そういう訳にもいかないですよね。

冬本番になる前に、しっかり対策しておかないと大変です。

 

冬の対策の中で「ガルシャナ」という絹の手袋の摩擦法をよく使用しています。

アーユルヴェーダの生活法なのですが

効率的に滞りを取り除き代謝を高めることができます。

 

皮膚の表面にある末梢神経を刺激して、自律神経系を刺激します。

ホメオスタシスに働きかける事で

免疫力が高まったり

ストレスが軽減されたり

様々な効果が期待できますが

血流が良くなるという事がとても重要です。

 

血液は体に必要な栄養と酸素を身体中に運ぶ大切な役割を担っています。

また、不要になった老廃物や毒素を回収し、体の外へ排出するという役割もあります。

なので、血流が活発になれば体の調子が良くなり

脳への血流も増え心も安定します。

 

「ガルシャナ」のやり方

絹の手袋を使用し、体全体を末端から中心に向かって擦っていきます。

強さや頻度ですが、人により皮膚の状態が違うので

自分が心地よいということを大事に行ってください。

 

「注意点」
・肌に赤みが出る前に別の場所に移動させる
・生理3日目まで・妊娠初期の方は行えない
・乾燥の強い人・痩せ過ぎの人・痩せたくない人・敏感肌・赤い発疹が出ている人にはお勧めできません

 

yuka 🙂

-セルフケア
-, , , , ,

Copyright© 「心を楽に。生活を楽しく。」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.