アーユルヴェーダ・インド占星術 発達障害グレーゾーン・HSP 私らしい生活を考える。

「心を楽に。生活を楽しく。」

ライフスタイル ハーブ・スパイス

不安も体の冷えから?温かい飲み物で気分もゆったり。

こんにちは

 

寒い季節は体のこわばりや呼吸の浅さから、体の循環が悪くなってしまうことあります。血流が悪くなると代謝が落ちて冷えやすく、脳にも血液が回りにくくなるので気分も落ち込みがちになります。

私は代謝も落ちやすく、冬は気分も落ち込みやすいので、体を温かくする工夫やセルフケアは日々取り入れたいと思っています。中でもとても簡単なものとして小まめに温かいものを飲むようにしています。とても単純なことですが、アーユルヴェーダの体へのケアの考え方は、問題になっていることと反対のことをしてあげるというものなので、

寒い(硬直、冷え、痛み等)→温かい(緩む)

温かいものを飲むというのは物理的に簡単にできることになります。

また、せっかく飲むなら代謝や免疫アップ、抗ストレスなどのプラスアルファー考えたいですよね。

・お白湯
・ドライジンジャー(ラカント+シナモン)
・クミン茶
・ホーリーバジル

私は、これらのお茶を良く飲んでいます。

 

<お白湯>
アーユルヴェーダではお白湯をお薬として扱っていて、消化力をアップさせて体の滞りを取ってくれると言われています。私もお白湯よく飲むのですが、体の滞りはもちろん気分が滅入っている時に一番スッキリすると思うのはお白湯です。食事と一緒に、また食間もちびちびと飲むことで代謝を高めてくれます。

 

<ドライジンジャー茶(ラカント+シナモン)>
私はよく甘いものが飲みたいと思う時これを飲みます。糖質を減らしているのでお砂糖はラカント。たまに黒糖やココナッツシュガーなど使うときもあります。
ドライジンジャーはアーユルヴェーダでは強壮剤で体全体の調子を整えてくれます。特に代謝を高め、呼吸系のトラブルに有効と言われています。知り合いからドライジンジャーを飲むようになって花粉症が楽になったという話も聞きました。シナモンも代謝を高め、滞りをとってくれるので、ダブルで良い効果があります。

 

<クミン茶>
クミンをフライパンで乾煎りしてお茶にしたものです。クミンも代謝を高めてくれるスパイスです。
クミンはアーマといって体の中に溜まった代謝できなく溜まってしまった不要なもの(病気の元になると言われている)を代謝してくれると言われています。
お茶にするとスープを飲んでるみたいな、ちょっと満足感あります。

 

<ホーリーバジル>
アーユルヴェーダで比類なきものと言われるほど優秀なハーブです。抗ストレス効果や免疫力アップ、風邪やインフルエンザ予防などの効能があると言われています。心臓に良いと言われ、バジルのスーッとする味が飲んだ時に気分をスッキリさせてくれます。

 

寒い季節は日照時間が短く、冬鬱という言葉があるように気分が落ち込みやすい季節でもあります。体も硬直しやすいので、いろんなお茶を楽しみながら、ゆったりリラックスする時間を1日の中に意識的に作りなが生活したいです。

yuka 🙂

-ライフスタイル, ハーブ・スパイス
-, , , ,

Copyright© 「心を楽に。生活を楽しく。」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.